相続に関する記事一覧

豊楽法律事務所(東京都千代田区)|相続
  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧
相続

相続とは、死者の財産上の権利や義務を一定の近親者が承継することをいいます。死亡して相続されるものことを被相続人といい、被相続人の財産上の権利・義務を承継する近親者を相続人といいます。

民法第882条は、「相続は、死亡によって開始する。」と書いています。
相続は、被相続人が亡くなることによって始まります。相続人の「相続する・しない」の意思に関わらず、自動的に始まるため注意が必要です。

相続の手続きには、死亡届を出すことからはじまり、遺言書が有るのかどうかを確認し、ある場合にはそれが有効なものなのかどうかを確認して家庭裁判所に検認してもらい、被相続人の家などの不動産がいくらの価値があるか(評価額)を算定し、相続を放棄するのかどうかを決定し、相続税を納め……
という多くの手続きを踏んでいかなければなりません。

これらの手続きには期限や時効があるものがあり、適切な手続きを適切なタイミングで行う必要があります。

いざ相続するとなった時に慌てると、不要な財産上のデメリットを負うことになる可能性があります。その前に一度、相続はどのように行うかを確認してみましょう。

また、いざ相続するとなった場合には、専門家に依頼することで強力なサポートを得ることが出来ます。もし、東京都千代田区の周辺で相続人となった場合には、期限や時効に余裕のある早い段階で、一度豊楽法律事務所にご相談下さい。

相続に関する基礎知識や事例
  • 相続とは相続とは

    相続とは、死者の財産上の権利や義務を一定の近親者が承継することをいいます。死亡して相続されるものことを被相続人といい、被相続人の財産上の権利・義務を承継する近親者を相続人といいます。 民法第8...

  • 遺産相続遺産相続

    民法第896条は、 「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。」と規定しています。 この「一切の権利...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、一定の相続人のために確保された相続財産の一定の割合をいいます。民法1028条以下に規定があります。 遺留分が民法で定められている目的は、被相続人の財産に頼って生活していた相続人の生活...

  • 遺留分減殺請求(遺留分侵害請求権)遺留分減殺請求(遺留分侵害請求権)

    被相続人の贈与または遺贈が遺留分を侵害する場合でも、当該贈与や遺贈は当然に無効となるわけではありません。そこで、遺留分を有する相続人は、被相続人の贈与または遺贈が遺留分を侵害する場合には、遺留分...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割とは、共同相続人の間で相続が生じ、共有となった相続財産について、共同相続人同士で協議し、相続財産を各相続人に分配して、これらの財産を各相続人の単独所有とする手続きをいいます。 共有とは...

  • 不動産の遺産分割不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割する具体的な方法としては①現物分割による方法、②換価分割による方法、③代償分割による方法があります。 ①現物分割 現物分割による方法とは、遺産の現物を分割する方法をいいます。例...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、被相続人の財産を相続しないことをいいます。 相続する財産には、不動産や預金といったブラスの財産も借金等の債務といったマイナスの財産も含む「一切の権利義務」を承継します(民法896...

  • 遺言書遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする行為をいいます。 遺言者は生前に自己の財産を自由に処分することができるのと同様に、遺留分に関する規定に反しない範...

  • 遺言の効力遺言の効力

    遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じます(民法985条1項)。 例えば、遺言で特定の不動産の所有権が移転することを定めていた場合、遺言者の死亡と同時にその所有権は移転することになります。 ...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。 自筆証書遺言によって遺言するには、原則として、次の...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。 公正証書遺言によって遺言するには、次の5つの条件...

  • 秘密証書遺言秘密証書遺言

    ■秘密証書遺言とは 秘密証書遺言とは、遺言者が遺言を作成し、署名・押印のうえ封印して、これを公正証書として保管するという遺言形式です。 この方法をとるメリットとしては、遺言作成・封印するまでは遺...

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    婚姻費用とは、挙式をあげる際に要した費用という意味ではなく、結婚生...

  • 刑事事件

    刑事事件

    刑事事件とは、犯罪行為をしたと疑われる者に対し、国の捜査機関が介入...

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、一定の相続人のために確保された相続財産の一定の割合をい...

  • 遺言の効力

    遺言の効力

    遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じます(民法985条1項)...

  • 遺留分減殺請求(遺留分侵害請求権)

    遺留分減殺...

    被相続人の贈与または遺贈が遺留分を侵害する場合でも、当該贈与や遺贈...

  • 調停離婚

    調停離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「調停離婚」といわれるものがあ...

  • 慰謝料(浮気など)

    慰謝料(浮...

    慰謝料とは、相手がした行為によって、精神的・肉体的苦痛を受けた場合...

  • 離婚

    離婚

    結婚するときには、相手と一生添い遂げようと誓ったものの、何らかの理...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類...

    離婚の種類は大きく分けて4つあります。離婚の種類と手続きを簡潔にご...

ページトップへ