自筆証書遺言

豊楽法律事務所(東京都千代田区)|自筆証書遺言
  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 自筆証書遺言

自筆証書遺言

遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。
自筆証書遺言によって遺言するには、原則として、次の4つの条件をクリアしなければなりません。

すなわち、遺言者が①遺言の内容となる全文、②日付、③氏名を自署し、かつ④押印することです。(民法968条1項)
自筆証書中の変更は、遺言者その場所を支持し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ変更の場所に押印しなければ効力を生じません。(民法968条2項)

これらの条件を欠いた遺言書は無効となります。例えば、署名をしなかった場合や押印をしなかった場合です。
自筆証書遺言は、遺言者が自署することを要求され、他人が代書する場合には無効となるのが原則となっています。
過去の事例では、遺言書自体に押印がなくても、遺言書本文の入った封筒の封じ目に押印がされていた場合には④の押印の条件をみたすと判断されたもの等があります。
なお、2019年1月13日以降に作成される自筆証書遺言については、相続法改正により、要件が緩和されています。以前は、全文の自書という①の要件には例外がありませんでしたが、改正後は財産目録の全部または一部をパソコン等で作成し、添付することが認められました。(改正民法968条2項)ただし、この場合には、添付した目録の全てのページに署名押印することとされています。

また、自筆証書遺言には、他の遺言方式とは異なり、証人や立会人の立会が要求されず、作成が簡単で費用がかからないというメリットがある反面、保管の仕組みが設けられていないため紛失や、偽造・変造がなされるリスクがあることが指摘されていました。
そこで、2020年7月から、申し出によって法務局に自筆証書遺言を保管させる制度が開始することとなっています。これによれば、紛失や偽造・変造の心配がなくなります。

より確実な遺言のためには、他の遺言方式を検討するのも有用です。もし、東京都千代田区の周辺で遺言書の作成にあたって疑問をお持ちでしたら、一度豊楽法律事務所にご相談下さい。

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 相続とは

    相続とは

    相続とは、死者の財産上の権利や義務を一定の近親者が承継することをい...

  • 遺言書

    遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせる...

  • 協議離婚

    協議離婚

    「離婚」と一言で言ってもたくさんのパターンがあります。そのうちの一...

  • 面会交流権

    面会交流権

    離婚して、子供と離れて暮らすことになった親にも、子供と会ったり、連...

  • 審判離婚

    審判離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「審判離婚」といわれるものがあ...

  • 公正証書遺言

    公正証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、...

  • 刑事事件を弁護士に依頼するメリット

    刑事事件を...

    弁護士に刑事弁護を依頼するメリットとして以下のようなものがあります...

  • 慰謝料(浮気など)

    慰謝料(浮...

    慰謝料とは、相手がした行為によって、精神的・肉体的苦痛を受けた場合...

  • 不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割する具体的な方法としては①現物分割による方法、②換...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京、神奈川、千葉

ページトップへ