東京都千代田区 刑事事件

  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 東京都千代田区 刑事事件
東京都千代田区 または 刑事事件に関する基礎知識記事や事例
  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割とは、共同相続人の間で相続が生じ、共有となった相続財産について、共同相続人同士で協議し、相続財産を各相続人に分配して、これらの財産を各相続人の単独所有とする手続きをいいます。 共有とは...

  • 相続とは相続とは

    相続とは、死者の財産上の権利や義務を一定の近親者が承継することをいいます。死亡して相続されるものことを被相続人といい、被相続人の財産上の権利・義務を承継する近親者を相続人といいます。 民法第8...

  • 遺産相続遺産相続

    民法第896条は、 「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。」と規定しています。 この「一切の権利...

  • 顧問弁護士の重要性顧問弁護士の重要性

    「内部通報制度の拡充など、会社としてコンプライアンスを強化したいが、どこから手を付けるべきなのか分からない。」 「何年も前に取引先に納品した商品に不具合があったとして、改修を求められている。どう...

  • 遺言書遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする行為をいいます。 遺言者は生前に自己の財産を自由に処分することができるのと同様に、遺留分に関する規定に反しない範...

  • 遺言の効力遺言の効力

    遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じます(民法985条1項)。 例えば、遺言で特定の不動産の所有権が移転することを定めていた場合、遺言者の死亡と同時にその所有権は移転することになります。 ...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。 公正証書遺言によって遺言するには、次の5つの条件...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、一定の相続人のために確保された相続財産の一定の割合をいいます。民法1028条以下に規定があります。 遺留分が民法で定められている目的は、被相続人の財産に頼って生活していた相続人の生活...

  • 遺留分減殺請求(遺留分侵害請求権)遺留分減殺請求(遺留分侵害請求権)

    被相続人の贈与または遺贈が遺留分を侵害する場合でも、当該贈与や遺贈は当然に無効となるわけではありません。そこで、遺留分を有する相続人は、被相続人の贈与または遺贈が遺留分を侵害する場合には、遺留分...

  • 刑事事件を弁護士に依頼するメリット刑事事件を弁護士に依頼するメリット

    弁護士に刑事弁護を依頼するメリットとして以下のようなものがあります。 ①弁護士であれば逮捕・勾留など段階問わずいつでも接見(面会)することができる 逮捕直後、検察官の勾留請求に対して許可が下り...

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 面会交流権

    面会交流権

    離婚して、子供と離れて暮らすことになった親にも、子供と会ったり、連...

  • 内部統制

    内部統制

    企業の内部統制とは、簡単に言うと、同じ会社の社員全員が守らなければ...

  • 調停離婚

    調停離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「調停離婚」といわれるものがあ...

  • 危機管理

    危機管理

    近年、企業の営利活動に取り巻くリスクが様々な形で表面化してきていま...

  • 顧問弁護士の重要性

    顧問弁護士...

    「内部通報制度の拡充など、会社としてコンプライアンスを強化したいが...

  • 公正証書遺言

    公正証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、...

  • 不祥事対応

    不祥事対応

    法令順守、コンプライアンスへの意識は今や企業のみならず、社会的に浸...

  • 遺言書

    遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせる...

  • 審判離婚

    審判離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「審判離婚」といわれるものがあ...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京、神奈川、千葉

ページトップへ