相続 必要書類

  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 相続 必要書類
相続 または 必要書類に関する基礎知識記事や事例
  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、一定の相続人のために確保された相続財産の一定の割合をいいます。民法1028条以下に規定があります。 遺留分が民法で定められている目的は、被相続人の財産に頼って生活していた相続人の生活...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。 公正証書遺言によって遺言するには、次の5つの条件...

  • 交通事故交通事故

    交通事故とは、主に自動車や自転車による事故を指します。そのため道路上で生じるものが多くありましたが、近年では歩道上での自転車による事故も多くなっています。 交通事故は自動車が広く普及している近...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。 自筆証書遺言によって遺言するには、原則として、次の...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、被相続人の財産を相続しないことをいいます。 相続する財産には、不動産や預金といったブラスの財産も借金等の債務といったマイナスの財産も含む「一切の権利義務」を承継します(民法896...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割とは、共同相続人の間で相続が生じ、共有となった相続財産について、共同相続人同士で協議し、相続財産を各相続人に分配して、これらの財産を各相続人の単独所有とする手続きをいいます。 共有とは...

  • 遺産相続遺産相続

    民法第896条は、 「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。」と規定しています。 この「一切の権利...

  • 財産分与財産分与

    財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して築き上げた財産を、離婚の際にそれぞれの貢献度に応じて分配することをいいます(民法768条1項)。分配の対象となるのは、夫婦の共有財産についてです。 結婚...

  • 遺留分減殺請求(遺留分侵害請求権)遺留分減殺請求(遺留分侵害請求権)

    被相続人の贈与または遺贈が遺留分を侵害する場合でも、当該贈与や遺贈は当然に無効となるわけではありません。そこで、遺留分を有する相続人は、被相続人の贈与または遺贈が遺留分を侵害する場合には、遺留分...

  • 遺言書遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする行為をいいます。 遺言者は生前に自己の財産を自由に処分することができるのと同様に、遺留分に関する規定に反しない範...

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚

    離婚

    結婚するときには、相手と一生添い遂げようと誓ったものの、何らかの理...

  • 刑事事件を弁護士に依頼するメリット

    刑事事件を...

    弁護士に刑事弁護を依頼するメリットとして以下のようなものがあります...

  • 借金問題を弁護士に依頼するメリット

    借金問題を...

    借金問題を弁護士に依頼するメリットとして以下のようなものあります。...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類...

    離婚の種類は大きく分けて4つあります。離婚の種類と手続きを簡潔にご...

  • 退職金・年金分割

    退職金・年金分割

    離婚の際に財産をどちらに帰属させるかという問題が生じてきますが、そ...

  • 内部統制

    内部統制

    企業の内部統制とは、簡単に言うと、同じ会社の社員全員が守らなければ...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「裁判離婚」といわれるものがあ...

  • 企業法務一般

    企業法務一般

    会社法や労働法など、企業活動の上で遵守しなければならない法律は山の...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    婚姻費用とは、挙式をあげる際に要した費用という意味ではなく、結婚生...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京、神奈川、千葉

ページトップへ