借金問題に関する記事一覧

豊楽法律事務所(東京都千代田区)|借金問題
  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 借金問題に関する記事一覧
借金問題

銀行や信用会社、消費者金融、友人や家族などからの借入れがあるときに債務整理を行うことによって、借金が減額したり無くなる場合があります。

債務整理の方法として「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」があります。以下ではそれぞれの方法について説明します。
①個人間で減額の交渉を行う「任意整理」
任意整理は債権者と直接交渉を行い元金の減額や利息のカットを図る債務整理の手段の一つです。
この債務整理は私的な交渉であるため、裁判所の関与がなく双方が納得すれば和解成立となります。
他の方法と異なり、すべての債権者を平等に扱う必要が無いので、任意整理を行う債権者と任意整理を行わない債権者を選択することが出来ます。これにより担保付きの借金を任意整理の対象から外すことで、担保の実行を免れることも可能となります。

②住宅を残すことが可能な「個人再生」
裁判所を介して一定の基準に基づき減額を行い3年間かけて返済していく債務整理の方法を「個人再生」と呼びます。
減額される基準は債務額が100万円以上500万円以下なら100万円、500万以上1,500万以下ならその5分の1・・・といった具合に減額されます。
個人再生においては借金の返済を行いつつ住宅ローンの返済も続けることによって、持ち家を手元に残しておくことが可能です。
また、個人再生は免責不許可事由が存在しないので、借金の原因がギャンブルであっても手続きの利用の可否に影響することはありません。

③保有する資産を清算する代わりに債務が免責される「自己破産」
裁判所が債務者を支払不能に陥っているとみなし、すべての債務が免責され支払いの義務がなくなる債務整理を「自己破産」と呼びます。
その代わりに、保有している財産を債権者のために清算をしなければなりません。
もっとも、すべての債務が免責される訳ではなく税金や養育費等については、破産後も支払う必要があるので注意が必要です。
デメリットとして自己破産の手続き中は職業が制限され、それらには弁護士・公認会計士、警備員などが該当します。
自己破産は免責不許可事由がある場合には、原則として免責が受けられません。ただし、その場合においても、裁判官の裁量によって免責が許可される可能性があります。

以上が大まかな債務整理の説明となります。
なお、いずれの債務整理においても「ブラックリスト」に記載され、今後数年は新たなクレジットカード作成や借入れが出来なくなります。

豊楽法律事務所では埼玉、東京、神奈川、千葉において自己破産・個人再生・任意整理などさまざまな債務整理に関するご相談を承っております。消費者金融のキャッシングやカードローンをはじめとして、借金の返済でお困りの際には、お気軽にご相談ください。

借金問題に関する基礎知識や事例
  • 借金問題借金問題

    銀行や信用会社、消費者金融、友人や家族などからの借入れがあるときに債務整理を行うことによって、借金が減額したり無くなる場合があります。 債務整理の方法として「任意整理」「個人再生」「自己破産」...

  • 借金問題を弁護士に依頼するメリット借金問題を弁護士に依頼するメリット

    借金問題を弁護士に依頼するメリットとして以下のようなものあります。 ①債権者からの取立てを止めることが出来る。 弁護士に依頼をした際に「受任通知」を債権者に対し送ります。受任通知は「債務者が弁...

  • 自己破産のメリット・デメリット自己破産のメリット・デメリット

    自己破産とは、借金を返済できなくなってしまった人が、裁判所に申し立てをして財産を清算し、借金をゼロにして、返済する義務を免れることができる債務整理方法です。 ■自己破産のメリット ・裁判所で...

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 借金問題

    借金問題

    銀行や信用会社、消費者金融、友人や家族などからの借入れがあるときに...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続放棄とは、被相続人の財産を相続しないことをいいます。 相続す...

  • 不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割する具体的な方法としては①現物分割による方法、②換...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類...

    離婚の種類は大きく分けて4つあります。離婚の種類と手続きを簡潔にご...

  • 相続とは

    相続とは

    相続とは、死者の財産上の権利や義務を一定の近親者が承継することをい...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「裁判離婚」といわれるものがあ...

  • 遺留分減殺請求(遺留分侵害請求権)

    遺留分減殺...

    被相続人の贈与または遺贈が遺留分を侵害する場合でも、当該贈与や遺贈...

  • 自筆証書遺言

    自筆証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、...

  • 離婚裁判にかかる費用

    離婚裁判に...

    協議や調停では離婚問題が解決しなかった場合、裁判を検討することにな...

ページトップへ