風評被害・名誉毀損弁護士

豊楽法律事務所(東京都千代田区)|風評被害・名誉毀損弁護士
  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 刑事事件に関する記事一覧 >
  3. 風評被害・名誉毀損弁護士

風評被害・名誉毀損弁護士

近年はネットの書き込みの流布により風評被害・名誉毀損の事例が相次いでいます。そのため、風評被害対策というものがより重要性を帯びてきました。

風評被害対策として挙げられることは、悪意があったり、イメージダウンにつながるような投稿を削除したり、そのような投稿を検索エンジンの下位の結果に落とし込むことです。これら風評以外対策に特化したサービスもあります。弁護士と相談することで、どのように風評被害をするべきかについてより無駄のない方法が見つかります。

また、ネットの悪意のある風評被害は刑事罰である侮辱罪・名誉毀損罪を成立させることもあります。侮辱罪(刑法231条)とは、事実を摘示せずに、公然と人を侮辱したときに成立する罪です。これに対して名誉毀損罪(刑法230条)は、公然と人の社会的評価を低下させるような事実を摘示すると成立します。

刑量・時効を見る限り侮辱罪と名誉毀損罪の間にはある程度の違いがありますが、両刑は事実を指摘しているか否かにより異なると考えてもらって良いです。

なお、刑事罰において証拠がなければ検察が訴えることはありません。

ところで、侮辱罪は現実の世界よりもむしろ現在においてはネットでの誹謗中傷にも当てはまる可能性が高いです。そこで、証拠をどのように掴むのかについても知る必要があります。

現在ではネットでの被害について、侵害情報の流通によって権利が侵害されたことが明らかであるときには情報開示請求を裁判所に申し立てることができます(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律4条1項1号)。これにより、いわば証拠として発信者のIPアドレスを特定し、侮辱罪を親告することができます。

この情報開示請求は時間的・手続的にかなりのコストがかかる制度です。この制度を用いる場合には弁護士による助言ないし弁護士に委任することが結果的に良いと考えられます。弁護士は、いわば法律のプロフェッショナルですから、当事者の目線に立ちどのような戦法を取れば良いかを考え、実践します。その対応は風評被害を受ける人たちにとって力強いです。

当事務所では、東京・神奈川・千葉を中心に、埼玉エリアやその他全国の皆様から、相続・企業法務・離婚をはじめ、交通事故や借金・刑事事件でお悩みの方から幅広くご相談を承っております。刑事事件でお困りの方は、豊楽法律事務所にお問合せください。

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚裁判にかかる費用

    離婚裁判に...

    協議や調停では離婚問題が解決しなかった場合、裁判を検討することにな...

  • 個人再生

    個人再生

    ■個人再生(民事再生)とは 個人再生とは、現在の借金が返済困難であ...

  • 遺産相続

    遺産相続

    民法第896条は、 「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に...

  • 借金の取り立てを止めるには

    借金の取り...

    ■借金の取り立てを止めるには 借金の取り立てを止めるには、債務整理...

  • 面会交流権

    面会交流権

    離婚して、子供と離れて暮らすことになった親にも、子供と会ったり、連...

  • 遺言の効力

    遺言の効力

    遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じます(民法985条1項)...

  • 任意整理

    任意整理

    ■任意整理とは 任意整理とは、借入先の金融機関と直接交渉を行うこと...

  • 審判離婚

    審判離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「審判離婚」といわれるものがあ...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦は婚姻のとき、夫または妻の氏のどちらかの氏を称することになりま...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京都 神奈川県 千葉県 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

ページトップへ