成年後見制度

豊楽法律事務所(東京都千代田区)|成年後見制度
  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 成年後見制度

成年後見制度

成年後見制度とは、認知症の発症者など、事理弁式能力を欠く人(被後見人)に財産管理などをサポートする人(後見人)をつける制度のことをいいます。成年後見制度の特徴は、もはや自らの財産状況を社会通念に照らし合わせて合理的にコントロールすることができなくなった人の行動を制限するということです。つまり、例えば被後見人とても高価な車を何も言わずに買ってきた際に、後見人はその被後見人の行為を取り消すことができます(民法9条)。

成年後見制度を利用するには家庭裁判所に後見開始の審判を請求する必要があります(民法7条)。これにより後見が開始されます(同法838条2号)。なお、被後見人の精神障害の重症度に応じて後見人・保佐人・補助人が選出されることになります。後見人になることができるのは、裁判所の職権により選任された人になります(同法843条1項)。この点については、特に親族に限るなどの制限を設けていません。ただ一般的には被後見人の親族や弁護士・司法書士が選任されることが多いです。

こうして家庭裁判所に選任された成年後見人の役割は、大きく2つあります。

第1に、成年被後見人の財産管理をすることです。具体的には、預貯金口座の出入金や金融機関からの郵便物の確認、法務局での不動産登記事項、定期的な収入と支出、家賃の滞納の有無など多岐にわたる後見人の財産管理が任されることになります。後見人による相続の開始のために財産目録を作成しておくことも重要な役割になります。

第2に、療養看護をすることです。具体的には、被後見人の住居を確保や入退院の手続きなどを行います。

以上が成年後見制度の概略になります。しばしば成年後見制度はひどい制度であると言われますが、頭ごなしに否定するのではなく、何が問題点であるのかを確認することが大事です。

問題点と関係するのが費用でしょう。弁護士や司法書士に委任して後見開始の審判から始まる成年後見制度を取り行ってもらった場合には40万円前後の費用がかかります。また、弁護士・司法書士が後見人になった場合にも月々の報酬費用がかかります。この辺りを注意しておく必要はあるでしょう。

当事務所では、東京・神奈川・千葉を中心に、埼玉エリアやその他全国の皆様から、相続・企業法務・離婚をはじめ、交通事故や借金・刑事事件でお悩みの方から幅広くご相談を承っております。相続でお困りの方は、豊楽法律事務所にお問合せください。

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    配偶者とのトラブルから離婚という選択をとることもあるでしょう。 ...

  • 遺留分減殺請求(遺留分侵害額請求)の時効は何年?

    遺留分減殺...

    ■遺留分減殺請求(遺留分侵害額請求)とは 遺留分とは、一定の相続人...

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して築き上げた財産を、離婚の際...

  • 顧問弁護士の重要性

    顧問弁護士...

    「内部通報制度の拡充など、会社としてコンプライアンスを強化したいが...

  • 不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割する具体的な方法としては①現物分割による方法、②換...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続放棄とは、被相続人の財産を相続しないことをいいます。 相続す...

  • 危機管理

    危機管理

    近年、企業の営利活動に取り巻くリスクが様々な形で表面化してきていま...

  • 遺産相続

    遺産相続

    民法第896条は、 「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に...

  • 個人再生

    個人再生

    ■個人再生(民事再生)とは 個人再生とは、現在の借金が返済困難であ...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京都 神奈川県 千葉県 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

ページトップへ