遺産分割協議書の書き方

豊楽法律事務所(東京都千代田区)|遺産分割協議書の書き方
  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書の書き方

■遺産分割協議書とは
被相続者がお亡くなりになったのち、被相続者の遺産の相続の仕方(分配の仕方)について相続人全員が話し合うことを遺産分割協議といいます。
そして、遺産分割協議が整ったのちに、「遺産分割協議書」を作成する必要があります。
遺産分割協議書とは、遺産分割で合意した内容を明らかにする書面のことをいいます。

■遺産分割協議書の書き方
遺産分割協議書については、指定された様式は存在しないため、パソコンでも手書きでも作成をすることができます。
そして、遺産分割協議書上には、「だれがどの財産を取得するか」といった「遺産の特定」が必要不可欠となります。
具体的には、以下のようなものを記入します。

〇預貯金
銀行名、支店名、口座番号、名義人などを用います。
〇不動産
所在地や、家屋番号、面積、地積などを用います。
〇株式
証券会社名や発行会社名、株式数を用います。
〇これらをだれが取得するか(続柄・氏名)

これらが記入された遺産分割協議書を、相続人全員が署名押印したうえで、各相続人が1通ずつ所持します。

■遺産分割協議書の提出
遺産分割協議書が完成したら、以下の提出先に提出します。

〇亡くなった方が預貯金をもっていた銀行、信用金庫、信託銀行(遺産分割によって預貯金を取得した場合)
〇亡くなった方が証券口座を開設していた証券会社、信託銀行(遺産分割によって非上場株式を除く有価証券を取得した場合)
〇亡くなった方の非上場株式の株式発行会社(遺産分割によって非上場株式を取得した場合)
〇法務局(遺産分割によって不動産を取得した場合)
〇運輸支局(遺産分割によって軽自動車を除く自動車又は大型船舶を取得した場合)
〇軽自動車検査協会(遺産分割によって軽自動車を取得し場合)
〇日本小型船舶検査機構(遺産分割によって小型船舶を取得した場合)
〇税務署(相続税を申告する場合)

また、遺産分割協議書の提出にあたっては、協議書のほかに以下のような書類が必要となります。

〇亡くなった方の除籍謄本、戸籍謄本または全部事項証明書
〇相続人全員の戸籍謄本または全部事項証明書
〇相続人全員の印鑑証明書

遺産相続・遺産分割協議書についてお悩みの方は、豊楽法律事務所までお気軽にご相談ください。

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 退職金・年金分割

    退職金・年金分割

    離婚の際に財産をどちらに帰属させるかという問題が生じてきますが、そ...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦は婚姻のとき、夫または妻の氏のどちらかの氏を称することになりま...

  • 相続とは

    相続とは

    相続とは、死者の財産上の権利や義務を一定の近親者が承継することをい...

  • 遺言の効力

    遺言の効力

    遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じます(民法985条1項)...

  • 自筆証書遺言

    自筆証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    婚姻費用とは、挙式をあげる際に要した費用という意味ではなく、結婚生...

  • 個人再生

    個人再生

    ■個人再生(民事再生)とは 個人再生とは、現在の借金が返済困難であ...

  • 生活保護受給者でも自己破産できる?

    生活保護受...

    生活保護にせよ自己破産にせよ、借金により生活が成り立たなくなった人...

  • 離婚裁判にかかる費用

    離婚裁判に...

    協議や調停では離婚問題が解決しなかった場合、裁判を検討することにな...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京都 神奈川県 千葉県 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

ページトップへ