遺言の効力

豊楽法律事務所(東京都千代田区)|遺言の効力
  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺言の効力

遺言の効力

遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じます(民法985条1項)。
例えば、遺言で特定の不動産の所有権が移転することを定めていた場合、遺言者の死亡と同時にその所有権は移転することになります。

ただし、遺言の方式を欠く遺言や遺言能力のない者による遺言は無効となります。
また、公序良俗に反するような目的の遺言は無効となります。(民法90条)
例えば、財産の全てを愛人に捧げることを前提に愛人契約を結んでいた場合などは、公序良俗違反と判断される可能性があります。
判例は、不倫相手の女性に三分の一の遺産を遺贈した事例で、その目的がもっぱらその女性の生活を保全するためにされたものであること、遺言で妻子も各三分の一の財産を相続することを指定していた内容で、遺贈により相続人の生活の基盤が脅かされるものとは言えないなどの具体的な前提の下で、当該遺言は公序良俗にあたらないとしたものがあります、
また、詐欺や強迫よって遺言がなされた場合は、遺言者や相続人は取り消すことができます(民法120条)

また、遺言はいつでも遺言の方式に従ってその遺言の全部または一部を撤回することが出来ます。(民法1022条)
遺言者の最終意思を尊重するためだと言われています。そのため、遺言者は遺言を撤回する権利を放棄することも出来ません。(民法1026条)

また、遺言者が矛盾する遺言をいくつも残している場合には、最後の遺言が効力を有し、その遺言書と矛盾する前の遺言は撤回されたとみなされます。(民法1023条)

このように、遺言の効力を生じさせるためには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。死後のトラブルを防ぐためには、確実に正確な遺言書を遺すことが重要です。もし、東京都千代田区の周辺で遺言書の作成にあたって疑問をお持ちでしたら、一度豊楽法律事務所にご相談下さい。

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 自己破産のメリット・デメリット

    自己破産の...

    自己破産とは、借金を返済できなくなってしまった人が、裁判所に申し立...

  • 刑事事件

    刑事事件

    刑事事件とは、犯罪行為をしたと疑われる者に対し、国の捜査機関が介入...

  • 協議離婚

    協議離婚

    「離婚」と一言で言ってもたくさんのパターンがあります。そのうちの一...

  • 借金問題を弁護士に依頼するメリット

    借金問題を...

    借金問題を弁護士に依頼するメリットとして以下のようなものあります。...

  • 遺言の効力

    遺言の効力

    遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じます(民法985条1項)...

  • 自筆証書遺言

    自筆証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、...

  • 遺産相続

    遺産相続

    民法第896条は、 「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に...

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、一定の相続人のために確保された相続財産の一定の割合をい...

  • 交通事故

    交通事故

    交通事故とは、主に自動車や自転車による事故を指します。そのため道路...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京都 神奈川県 千葉県 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

ページトップへ