裁判離婚

豊楽法律事務所(東京都千代田区)|裁判離婚
  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 裁判離婚

裁判離婚

いくつかある離婚パターンの中の一つに「裁判離婚」といわれるものがあります。裁判離婚とはその名の通り、離婚調停が成立しなかったけれども離婚をしたい人が、家庭裁判所に離婚訴訟を提起することで、裁判によって行われる離婚のことです。ただし離婚訴訟が認められるためには、民法で定められた離婚原因が必要になり、原告は離婚原因があることを主張・立証しなければなりません。その離婚原因とは「相手方配偶者に不貞行為があったとき」、「相手方配偶者に悪意で遺棄されたとき」、「相手方配偶者の生死が3年以上明らかでないとき」、「相手方配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」、「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」の五つを指します。審理の結果、離婚原因があると認められ、離婚を認める判決が確定すれば、どちらかがどんなに嫌でも離婚が成立します。ただし、これらの原因があれば必ず離婚ができるというわけではなく、裁判所がなお婚姻を継続すべきと認めるときは、裁量により離婚が成立しないこともあります。

離婚裁判も個人ですることが可能ですが、個人で書類を作成したり、証拠を示したり、法廷で裁判官や相手方の弁護士を相手にするのは非常に困難です。したがって、離婚訴訟を提起する場合には、弁護士に依頼することをお勧めします。

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚をするときに起きる大きな問題の1つが、お金についての問題です。...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    配偶者とのトラブルから離婚という選択をとることもあるでしょう。 ...

  • 審判離婚

    審判離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「審判離婚」といわれるものがあ...

  • 自己破産のメリット・デメリット

    自己破産の...

    自己破産とは、借金を返済できなくなってしまった人が、裁判所に申し立...

  • 調停離婚

    調停離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「調停離婚」といわれるものがあ...

  • 刑事事件を弁護士に依頼するメリット

    刑事事件を...

    弁護士に刑事弁護を依頼するメリットとして以下のようなものがあります...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類...

    離婚の種類は大きく分けて4つあります。離婚の種類と手続きを簡潔にご...

  • 遺言の効力

    遺言の効力

    遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じます(民法985条1項)...

  • 不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割する具体的な方法としては①現物分割による方法、②換...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京、神奈川、千葉

ページトップへ