離婚後の氏と戸籍

豊楽法律事務所(東京都千代田区)|離婚後の氏と戸籍
  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 離婚後の氏と戸籍

離婚後の氏と戸籍

夫婦は婚姻のとき、夫または妻の氏のどちらかの氏を称することになります(民法750条)。

婚姻により氏を改めなかった人(結婚後もそのままの姓を名乗っていた人)は、離婚をしてもそのままの氏を名乗ることになりますが、婚姻により氏を改めた人は、離婚をすると婚姻前の氏(旧姓)に当然戻ることになります(復氏、民法767条1項)。

そのため、離婚した場合、親子が別々の氏を名乗るケースも生じてきます。

離婚時の戸籍は、結婚した時に氏を変えた人が抜けることを基本的なルールとしており、その際、子供は結婚時の戸籍に残ることになります。

そのため、たとえ籍を抜けた方が親権をとっても、子供の戸籍は動きません。つまり、子供の氏はそのままということになり、旧姓を名乗る親と氏も戸籍も異なることになります。

ただし、離婚後も苗字を変えたくないと考えている場合、離婚の日から3ヵ月以内に、戸籍法上の「離婚のときに称していた氏を称する旨の届」を出せば、旧姓に戻ることなく、結婚していたときの氏を名乗ることができます(婚氏続称制度、民法767条2項)。

子供が15歳になれば、自分で氏の変更を申し立てることができるので、こちらを利用するのもよいでしょう。

子供を同じ戸籍に移したいなら、自分が筆頭となる戸籍を作る必要があります。離婚届を出す際に、「婚姻前の氏に戻る者の本籍」欄で「新しい戸籍を作る」をチェックすればOKです。

戸籍ができたら、「子の氏の変更許可」を家庭裁判所に申し立てます。許可を得て、市町村役場で入籍の手続きをすれば、子供の戸籍が変更されます。

もっとも、子供の氏を変更する手続きは、親権者でなければできないので、相手に親権があるときは、そちらから申し立ててもらう必要があります。


天草橋法律事務所は、慰謝料や財産分与などの「離婚とお金」の問題、養育費や面会交流などの「離婚と子供」の問題等、離婚に関する様々なご相談を承っております。

税理士や行政書士、弁理士、社労士など他士業と連携して、誠実さと信頼を大切に、依頼者のニーズに合わせたサービスをご提供します。

千代田区を中心に、東京、神奈川、千葉、埼玉など、様々な地域の法律相談にお答えいたします。無料の法律相談も承っておりますので、何かお悩みがございましたら、お気軽に当事務所までお訪ねください。

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 千代田区の相続は豊楽法律事務所へ

    千代田区の...

    相続とは、故人の死亡をきっかけに、故人のすべての財産上の地位を、相...

  • 借金問題

    借金問題

    銀行や信用会社、消費者金融、友人や家族などからの借入れがあるときに...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    婚姻費用とは、挙式をあげる際に要した費用という意味ではなく、結婚生...

  • 遺言の効力

    遺言の効力

    遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じます(民法985条1項)...

  • 面会交流権

    面会交流権

    離婚して、子供と離れて暮らすことになった親にも、子供と会ったり、連...

  • 相続とは

    相続とは

    相続とは、死者の財産上の権利や義務を一定の近親者が承継することをい...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    離婚によって夫婦関係は解消されても、子供の親であるという事実に変わ...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦は婚姻のとき、夫または妻の氏のどちらかの氏を称することになりま...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚をするときに起きる大きな問題の1つが、お金についての問題です。...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京、神奈川、千葉

ページトップへ