民事再生法 デメリット

  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 民事再生法 デメリット
民事再生法 または デメリットに関する基礎知識記事や事例
  • 個人再生個人再生

    ■個人再生(民事再生)とは 個人再生とは、現在の借金が返済困難であることを裁判所に認めてもらうことで、借金を大幅に減額する手続きをいいます。 メリットとしては、自己破産のように高価な財産(住宅な...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。 公正証書遺言によって遺言するには、次の5つの条件...

  • 自己破産のメリット・デメリット自己破産のメリット・デメリット

    自己破産とは、借金を返済できなくなってしまった人が、裁判所に申し立てをして財産を清算し、借金をゼロにして、返済する義務を免れることができる債務整理方法です。 ■自己破産のメリット ・裁判所で...

  • 相続とは相続とは

    相続とは、死者の財産上の権利や義務を一定の近親者が承継することをいいます。死亡して相続されるものことを被相続人といい、被相続人の財産上の権利・義務を承継する近親者を相続人といいます。 民法第8...

  • 離婚離婚

    結婚するときには、相手と一生添い遂げようと誓ったものの、何らかの理由で離婚を考えざるを得ないこともあるでしょう。 近年では、「夫婦のうち3組に1組は離婚する」といわれるほど、離婚は物珍しいもの...

  • 秘密証書遺言秘密証書遺言

    ■秘密証書遺言とは 秘密証書遺言とは、遺言者が遺言を作成し、署名・押印のうえ封印して、これを公正証書として保管するという遺言形式です。 この方法をとるメリットとしては、遺言作成・封印するまでは遺...

  • 任意整理任意整理

    ■任意整理とは 任意整理とは、借入先の金融機関と直接交渉を行うことにより、借金を減額し無理なく返済できるようにする手続きをいいます。 具体的には、将来的な利息がなくなり、月々の返済額が軽減される...

  • 借金問題借金問題

    銀行や信用会社、消費者金融、友人や家族などからの借入れがあるときに債務整理を行うことによって、借金が減額したり無くなる場合があります。 債務整理の方法として「任意整理」「個人再生」「自己破産」...

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    親権とは、未成年の子どもを監護、教育、財産管理など、その子どもの親...

  • 内部統制

    内部統制

    企業の内部統制とは、簡単に言うと、同じ会社の社員全員が守らなければ...

  • 刑事事件を弁護士に依頼するメリット

    刑事事件を...

    弁護士に刑事弁護を依頼するメリットとして以下のようなものがあります...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    夫婦が築きあげてきた共有財産には、プラスの財産だけでなく、住宅ロー...

  • 遺言書

    遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせる...

  • 調停離婚

    調停離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「調停離婚」といわれるものがあ...

  • 遺留分減殺請求(遺留分侵害額請求)の時効は何年?

    遺留分減殺...

    ■遺留分減殺請求(遺留分侵害額請求)とは 遺留分とは、一定の相続人...

  • 退職金・年金分割

    退職金・年金分割

    離婚の際に財産をどちらに帰属させるかという問題が生じてきますが、そ...

  • 顧問弁護士の重要性

    顧問弁護士...

    「内部通報制度の拡充など、会社としてコンプライアンスを強化したいが...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京都 神奈川県 千葉県 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

ページトップへ