相続 養子

  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 相続 養子
相続 または 養子に関する基礎知識記事や事例
  • 秘密証書遺言秘密証書遺言

    ■秘密証書遺言とは 秘密証書遺言とは、遺言者が遺言を作成し、署名・押印のうえ封印して、これを公正証書として保管するという遺言形式です。 この方法をとるメリットとしては、遺言作成・封印するまでは遺...

  • 千代田区の相続は豊楽法律事務所へ千代田区の相続は豊楽法律事務所へ

    相続とは、故人の死亡をきっかけに、故人のすべての財産上の地位を、相続人が受け継ぐことです。 相続自体は、特別な手続きなしに、死亡によって当然に発生します。 ■遺言書 相続では、故人が遺した遺言...

  • 遺言書遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする行為をいいます。 遺言者は生前に自己の財産を自由に処分することができるのと同様に、遺留分に関する規定に反しない範...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、被相続人の財産を相続しないことをいいます。 相続する財産には、不動産や預金といったブラスの財産も借金等の債務といったマイナスの財産も含む「一切の権利義務」を承継します(民法896...

  • 遺留分減殺請求(遺留分侵害請求権)遺留分減殺請求(遺留分侵害請求権)

    被相続人の贈与または遺贈が遺留分を侵害する場合でも、当該贈与や遺贈は当然に無効となるわけではありません。そこで、遺留分を有する相続人は、被相続人の贈与または遺贈が遺留分を侵害する場合には、遺留分...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。 公正証書遺言によって遺言するには、次の5つの条件...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。 自筆証書遺言によって遺言するには、原則として、次の...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割とは、共同相続人の間で相続が生じ、共有となった相続財産について、共同相続人同士で協議し、相続財産を各相続人に分配して、これらの財産を各相続人の単独所有とする手続きをいいます。 共有とは...

  • 相続とは相続とは

    相続とは、死者の財産上の権利や義務を一定の近親者が承継することをいいます。死亡して相続されるものことを被相続人といい、被相続人の財産上の権利・義務を承継する近親者を相続人といいます。 民法第8...

  • 交通事故にあったとき弁護士に依頼をするメリット交通事故にあったとき弁護士に依頼をするメリット

    交通事故にあったとき弁護士に依頼するメリットとしては、主に以下の3点が挙げられます。 ①示談交渉を対等に進めることができる 交通事故に遭った場合、示談交渉の相手が交通事故の処理に慣れた保険会社...

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    婚姻費用とは、挙式をあげる際に要した費用という意味ではなく、結婚生...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    いくつかある離婚パターンの中の一つに「裁判離婚」といわれるものがあ...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続放棄とは、被相続人の財産を相続しないことをいいます。 相続す...

  • 遺産相続

    遺産相続

    民法第896条は、 「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に...

  • 不祥事対応

    不祥事対応

    法令順守、コンプライアンスへの意識は今や企業のみならず、社会的に浸...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚をするときに起きる大きな問題の1つが、お金についての問題です。...

  • 離婚裁判にかかる費用

    離婚裁判に...

    協議や調停では離婚問題が解決しなかった場合、裁判を検討することにな...

  • 顧問弁護士の重要性

    顧問弁護士...

    「内部通報制度の拡充など、会社としてコンプライアンスを強化したいが...

  • 慰謝料(浮気など)

    慰謝料(浮...

    慰謝料とは、相手がした行為によって、精神的・肉体的苦痛を受けた場合...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京、神奈川、千葉

ページトップへ