遺言 執行者

  1. 豊楽法律事務所 >
  2. 遺言 執行者
遺言 または 執行者に関する基礎知識記事や事例
  • 遺言書遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする行為をいいます。 遺言者は生前に自己の財産を自由に処分することができるのと同様に、遺留分に関する規定に反しない範...

  • 秘密証書遺言秘密証書遺言

    ■秘密証書遺言とは 秘密証書遺言とは、遺言者が遺言を作成し、署名・押印のうえ封印して、これを公正証書として保管するという遺言形式です。 この方法をとるメリットとしては、遺言作成・封印するまでは遺...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。 公正証書遺言によって遺言するには、次の5つの条件...

  • 遺言の効力遺言の効力

    遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じます(民法985条1項)。 例えば、遺言で特定の不動産の所有権が移転することを定めていた場合、遺言者の死亡と同時にその所有権は移転することになります。 ...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    遺言の方式には、普通の方式としては、自筆証書遺言(民法968条)、公正証書遺言(民法969条)、秘密証書遺言(民法970条)の3つがあります。 自筆証書遺言によって遺言するには、原則として、次の...

  • 千代田区の相続は豊楽法律事務所へ千代田区の相続は豊楽法律事務所へ

    相続とは、故人の死亡をきっかけに、故人のすべての財産上の地位を、相続人が受け継ぐことです。 相続自体は、特別な手続きなしに、死亡によって当然に発生します。 ■遺言書 相続では、故人が遺した遺言...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、一定の相続人のために確保された相続財産の一定の割合をいいます。民法1028条以下に規定があります。 遺留分が民法で定められている目的は、被相続人の財産に頼って生活していた相続人の生活...

  • 相続とは相続とは

    相続とは、死者の財産上の権利や義務を一定の近親者が承継することをいいます。死亡して相続されるものことを被相続人といい、被相続人の財産上の権利・義務を承継する近親者を相続人といいます。 民法第8...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割とは、共同相続人の間で相続が生じ、共有となった相続財産について、共同相続人同士で協議し、相続財産を各相続人に分配して、これらの財産を各相続人の単独所有とする手続きをいいます。 共有とは...

豊楽法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、一定の相続人のために確保された相続財産の一定の割合をい...

  • 不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割

    不動産の遺産分割する具体的な方法としては①現物分割による方法、②換...

  • 退職金・年金分割

    退職金・年金分割

    離婚の際に財産をどちらに帰属させるかという問題が生じてきますが、そ...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類...

    離婚の種類は大きく分けて4つあります。離婚の種類と手続きを簡潔にご...

  • 借金問題を弁護士に依頼するメリット

    借金問題を...

    借金問題を弁護士に依頼するメリットとして以下のようなものあります。...

  • 離婚

    離婚

    結婚するときには、相手と一生添い遂げようと誓ったものの、何らかの理...

  • 内部統制

    内部統制

    企業の内部統制とは、簡単に言うと、同じ会社の社員全員が守らなければ...

  • 危機管理

    危機管理

    近年、企業の営利活動に取り巻くリスクが様々な形で表面化してきていま...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦は婚姻のとき、夫または妻の氏のどちらかの氏を称することになりま...

豊楽法律事務所の主な対応地域

東京、神奈川、千葉

ページトップへ